東大阪の中小企業の特徴


人口約51万人、面積61.81u、大阪府東部に位置する東大阪市は、2005年データによると商工業などの事業所数約28,000うち製造事業所数約7,400を誇る日本屈指の“中小企業の町”である。特徴的なのは、その“工業密度”であり、1998年時点では1事業所あたり167.8/uと全国屈指であった。

工業密度が高いということは、中小零細企業が多いことの現れであり、なかでも従業員規模が4人までの事業所が半数以上を占めている。

東大阪市の中小企業において最も特徴的なのは、“特化した産業がない、下請け企業の集まり”ということである。ここでは、単一型の産業構造ではなく、そのことから“ゴッタ煮”“おもちゃ箱”と表現されることもある。むしろ都市型の中小企業集積に見られるような産業の多様性の中に、いくらか地域にみられる単一型の産業構造をブレンドさせた性質をもっており、他の都市と一線を画する。

東大阪市では、この高度集積を背景とし、「東大阪で作れないものは無い」と呼ばれるほどに多種多様な業種・業態が立地している。“ロケットから歯ブラシまで”ということばはそのことをよく表現している。東大阪は有機的な分業システムと地域内ネットワークが発展し、「ものづくりのまち」として全国的に知られている。
そして、その中から技術的に秀でた中小企業、ニッチトップやオンリーワンと表現される独自技術・高度技術が生まれ、日本だけにとどまらず海外でも活躍するに至っている。


株式会社仁張工作所

〒578-0921
大阪府東大阪市水走3丁目14-6
tel:072-962-2888

詳細