東大阪の地場産業


代表的地場産業とその歴史

東大阪の地場産業の歴史を顧みると、大きくは“木綿”“鋳物”“伸線”“金網”“作業工具”“鋲螺”などがその代表的なものとしてあげられる。それ以外にも歴史の中で“セルロイド”“歯ブラシ”等が生まれ、今でも八尾の歯ブラシは全国的に有名である。

木綿産業

河内地方(大阪府東部)では、江戸時代に木綿の産業が発達していた。“河内木綿”として有名なその素材は広く大衆の衣服などに使用されていた。江戸時代後期に隆盛をきわめた河内木綿の生産は、当時の最大の地場産業として地域の経済を支えていた。
ところが明治時代に入ると、政府の殖産興業政策の下、西欧から近代的な紡績機械が導入され、在来の国産綿がそれらの紡績機械に不適であったこともあって、綿作農業が衰退していった。

紡績機械への適応を追い求め、後にタオル織業で開化していく泉州泉佐野とは違って、技術革新に遅れをとった河内木綿は大正時代の初めに姿を消すこととなった。
当時は木綿が最大の地場産業であっただけに、木綿産業の衰退は地域経済・地域社会に多大なる影響を与えた。木綿からの転業を余儀なくされる者、大阪市に丁稚奉公に出る者、失業する者など様々であった。

その後、丁稚奉公や失業者たちは、木綿から派生した“撚糸業”(糸をよる)に従事したり、歯ブラシメーカーで植毛作業、ボタンメーカーから穴あけの仕事を内職で請け負ったり、と枝分かれしていった。

鋳物産業(布施地区)

鋳物の主要産地としては、川口(埼玉)・南部(岩手)・佐野(栃木)・桑名(三重)等が有名であるが、河内鋳物の歴史はそれらよりも古く、奈良時代にまで遡ることができる。平安時代には、河内丹南地方で鍋釜の鋳造が盛んになり“河内鍋”と呼ばれた。その後、鎌倉時代に河内鋳物はその隆盛を極めた。すなわち古代〜中世にかけて河内鋳物は活躍したこととなる。中世後期南北朝の乱以降、河内鋳物の繁栄は衰えたものの、江戸時代後期〜明治期にかけて、主に布施地区で鋳物業は開花、主に鉄瓶や茶釜などを生産、技術を身に付けて独立していく者が増えた。大正期、鉄瓶の生産は量的にも増大し、布施の鋳物は全国へ向けて出荷されていったが、昭和初期、軍需産業の発達によって、そのウェイトは急速に機械関連の鋳物部品生産へと変化していき、同時に地域の主要産業へと発展していった。また機械工業の枠組みに組み込まれたことによって、下請け企業としての体質を強めることにもなっていった。戦後の鋳物業界はその復興も比較的早く、特に大阪の地場産業となったミシンの発展により、その頭部・脚の製造方法として鋳物工業は勢いを見せた。しかし昭和40年代後半以降、高度成長が成熟期を迎えると鋳物業界は、構造変化と都市化に伴う立地上の問題を抱えるようになった。産業構造上の問題として需要先から量産化・軽薄短小化の命題を投げかけられ、ダイカスト鋳物へのシフトを招いた。また製造工程で発生する煙・粉じんの公害問題、強化プラスチックなどの新素材の出現等も影響を与えた。こうして東大阪市から他都市へ移転した企業、構造不況によって倒産した企業、後継者難、人手確保難、公害問題などから廃業する企業も増え、東大阪の地場産業と呼ぶには少し寂しい感もあるが、美術工芸品として高く評価される鍋や釜の存在や、鋳物工業が機械工業や金属加工業の発展に寄与した功績は大きいといえる。

伸線工業(枚岡地区)

江戸時代末期に始まったといわれる当時の伸線作業は、樫の木の丸太に穴をあけて線材を孔に通して人力によって引っ張って伸ばすという原始的な作業であった。
明治期に入ると生駒山頂から西部の谷に向かう急流付近にある水車を利用して、水車を動力とする伸線作業が発達するようになった。立地的に適していた枚岡地区では、明治中期には10を超える工場が立ち、盛んな産業として発展していった。また材料革命により、それまで銅か真鍮であった素材が鉄材に代わり、その安さと汎用性から、主に大阪の針金問屋からの注文が入るようになって、枚岡の伸線業も次第に鉄線へと代っていった。

その後大正期に入って、その動力源を水車から電動機に代わり、安定した生産活動ができると、昭和10年には、大阪府道・大阪枚岡線(産業道路)の開通もあり、こうした状況下で枚岡の鉄線業は増え、昭和10年には100社近くにもなった。戦前戦後は、配給下にさらされ量的規制もあり、市場の混乱に見舞われたが、昭和30年代以降、高度成長期においては連続伸線機の登場など生産合理化に拍車がかかり、40年代初めには東大阪の伸線業社の数は140に至った。
生産高では東大阪市工業生産の10パーセントを占め、全国シェア40パーセントを占める東大阪市最大の地場産業の地位を築いた。
ところが、生産過程において酸洗に使用していた生駒山からの流水が廃酸となり、それが農業に害を与えるとして問題となってきた。こういった公害問題、人手不足、労使関係の悪化等の様々な問題により、伸線工場の数は昭和50年代以降減少の方向になっていき、生駒山麓部に集中して立地してきた“伸線の町”も工場跡地にマンション等が建つようになっていった。

金網工業

金網というのは、針金を網状に織ったもので、線材関連業界である。東大阪における金網工業は江戸時代初期ごろからではないかという説があるが、その生産が明らかになるのは明治期に入ってからである。その頃の金網は手織で、農閑期を利用した副業として家族労働に支えられてきた。材料の針金は、大阪の針金問屋まで大八車で仕入れに行き、それを餅焼網やザルなどの製品に加工し、それをまた大阪の金網屋に納めるという零細な家内的手工業であった。明治末期になると、手動式の金網織機を導入する業者や、大正期には亀甲金網織機がドイツから輸入され、次第に手織から機械織へと技術革新がされていった。それ以降、養鶏用の網、製粉やセメント用フルイに金網が使用され、その後は軍需用としてもその用途も拡がりを見せていった。戦時中は線材の統制が厳しくなり、中小製造業が主だった東大阪の業者は材料調達その他の面で苦労したが、戦後は家庭用金網も復活し布施地区を中心に栄えていくようになった。昭和30年代後半以降の高度成長期には建築・土木・工業用の需要が増えたが、40年代以降次第に人手不足が深刻化するとともに、プラスチック素材の登場により、家庭用品を中心にその需要がとって代わられるという構造変化に直面した。また織網以外の加工技術の接近も金網重要に打撃を与えた。
東大阪の中でも、上小坂地区と小若江地区に企業立地が集中していたが、昭和30~40年代にかけて大阪の人口ドーナツ化現象を受けて上小坂・小若江地区あたりにも住宅開発が急速になされてきた。また所在する近畿大学における学生数の増加で、都市化・商業地域化・住居地域化され、古来、当地区に立地し集積してきた金網業にとって存続が困難な状況が現れてきた。このように、市街化の進展による工業立地と低賃金労働力の確保が難しくなってきたことから、奈良県などに工場移転するなどして分散する傾向を強めてきた。また、零細な企業では、人手不足、後継者難等を理由に廃業するものも現れるようになった。
そういった中、近年では工業用ハイメッシュなど高度な技術を要する分野で、ドイツの技術と競いながら高度化を目指している。

作業工具工業

現在の日本の作業工具(レンチ、ペンチ、ニッパー、ハンマーなどの手工具)の産地と言えば、大阪(特に東大阪)と新潟三条とがあげられる。歴史的には東大阪の方が古く、理髪用ジャッキ(理器)の生産に始まり、昭和初期以来、作業工具に転換をなしてきた。東大阪では明治末期ごろから縄手村四条(六万寺)を中心に理髪用ジャッキを生産する工場が増え、大正期には国内需要はもとより、中国などに輸出されるようにもなって市場は拡大していった。昭和初期には枚岡村四条を中心とする理器工業は、その年間生産量でジャッキ24万丁、バリカン8万丁という規模に達し、理器生産の地場産業を形成した。その頃には、新たにモンキーレンチ・プライヤー・ペンチ等の開発にも成功、作業工具の国産のパイオニア的地域となっていった。太平洋戦争がはじまると軍需用鍛造品の仕事にも従事したが、戦後は再びモンキーレンチ・バリカンその他作業工具の生産が増えるようになった。高度成長期である昭和30年代の生産量は5倍以上に膨れ上がり、昭和45年には東大阪市の作業工具製造業は、その生産高で45億円、全国の生産シェアの約20%を占めるようになり、業界でも高い地位を占めるようになった。
しかし40年代以降、集中立地であった四条町、六万寺近郊に住宅開発が進められ、作業工具の製造に不可欠な鍛造工程から発する振動と騒音が公害問題として浮上してくると、別の業界同様、社会問題となる様相を呈することにもなった。そして新たに作業工具団地として加納地区に用地を確保、移転を計画したが、厳しい経済環境や後継者難、公害問題なども相まって、最盛期には100社以上あった事業所数も大きく減少していった。厳しい経済環境に直面する中で、新しい動きとして“製品の高級化”“”精密部品や他分野への進出”“電動工具など省力機器へ進出する”等の企業が出現していった。作業工具業界の成熟は、地場産業の崩壊という一面と同時に、新事業分野への革新という側面も有するようになっていった。

鋲螺工業

鋲螺とは一般的にはネジという方が分かりやすい。鋲螺工業はヨーロッパがその先進国で日本はその模倣からはじまった。大阪では明治維新のころ増加した造船所で使用されるようになり、産業革命期に発展の方向を辿った。また明治末期から大阪では伸線業社が増え、関連の深い鋲螺工業も発達していった。明治42年では東京約58%、大阪約21%だったシェアが、大正10年には逆転、大阪約46%、東京約30%とトップの座についた。昭和に入ってからはその発展にさらに拍車がかかり、東大阪の鋲螺工業は産地形成、主に高井田地区を中心にねじ工場が増えていった。太平洋戦争下で軍需産業として鋲螺工業は拡大、戦後低迷期を経験はしたものの、昭和30年代以降、再びその隆盛を取り戻し、40年代初めには、全国の鋲螺生産額の3分の1が大阪府、東大阪市はその3分の1を占めるまでに至った。全国シェアで見ても東大阪市は10%強を占め、地場産業としての地位を確固たるものとした。東大阪がこのように鋲螺の産地形成を見てきた背景には、線材の供給面で伸線業の地場産業が発達していたという立地上の理由があげられる。
今日では東大阪の地場産業の中でも、企業数において最も多い地場産業へと発展した鋲螺工業ではあるが、昭和60年来の急速な円高によって、国際競争力を失い輸出が減少、内需に依存するようになった。こうした背景下で、単なる締結部品としてではなく、高度な技術を駆使しての、ねじ付き部品や精密部品の分野に進出する企業も現れてきている。


株式会社仁張工作所

〒578-0921
大阪府東大阪市水走3丁目14-6
tel:072-962-2888

詳細